先輩インタビュー 野球という活力を山形の元気へと変えていきたい

現在の主な仕事について

営業本部の本業支援室で、全支店における法人融資のサポートを担当しています。本業支援とは、地元企業の成長をお手伝いし、地域経済の活性化を推進していくという、当行が最も力を入れている活動です。そのなかで私は、支店単独では対応が難しい大型案件や専門知識が必要な案件に対して、お客さまが抱える経営課題を支店担当者と共に解決へと導いていく、本業支援の主導的な役割を担っています。

その際に事業ニーズを徹底してお聞きするアクティブリスニングを実践。お客さまが事業への想いや夢のすべてを余すことなく引き出し、共有することで本業支援を行っています。お客さまと一体となり夢の実現に向けてその一歩を踏み出していく。私は地域の活性化に直接貢献できるこの仕事に大きなやりがいを感じています。

仕事をするうえで心掛けていること

本業支援に取り組むためには、税務や財務などの知識をはじめ、あらゆる業界についての知識に全方位で精通していなければなりません。そこで、テレビや新聞、専門書籍はもちろんのこと、インターネットなどを活用して情報収集し、知識を蓄積していくことを日頃から心掛けています。お客さまとお話をしていくなかで、事前に調べた情報が話題に上ると嬉しいですね。また、案件を積み重ねていく度に知識や理解度がどんどん深まっていくのも魅力のひとつ。過去に経験したことのある事業分野については、知識のストックから引き出せるので、そんな時は改めて自分の成長ぶりを実感します。

仕事をするうえで心掛けていること

この仕事ならでは、当行ならではと感じること

一般的に金融機関への相談事は敷居が高いと思われる傾向にありますが、お客さまと本気で向き合う本業支援を第一に掲げる当行では、その敷居を低くし、気軽にご相談いただいています。それが当行ならではと感じるところですね。また、本業支援を行うに当たって、最初にお客さまの事業について理解を深めていきます。しかし、これまで前例のないまったく新しい事業の場合は、インターネットで検索しても類似の事業事例ですら見つからないこともあります。そこで、お客さまから直接お話をお伺いしますが、お客さまも私たちの姿勢を充分にご理解いただいていますので、親密な信頼関係のもと前に進むことができます。今後は、お客さまが相談したいと思われた時、真っ先に顔と名前が浮かぶくらいの信頼関係を築いていけたらと思っています。

この仕事ならでは、当行ならではと感じること

学生の皆さんへのメッセージ

将来の自分自身のために時間を有効に使っていただきたいですね。例えば、何か資格を取得するとか、社会人になってからでは経験できない友人たちとの思い出づくりに精を出していただくとか。そして就活は、さまざまな企業を知ることができるチャンスでもあります。金融業界を志望されているのでしたら、社会に出てからいろいろな業界の方とのお付き合いが始まるので、就活での企業研究が必ず役に立ちます。学生のいまでなければ経験できないことを自分なりに考えて、より有効的に大切な時間を使うようにしてください。

学生の皆さんへのメッセージ
タイムスケジュール

休日ごとに息子の成長ぶりを発見しています!

休日は息子と一日中過ごしています。平日は朝が早く、帰宅後は息子が寝ていることが多いので、一緒に過ごせる時間が少ない。そのぶん、休日はたくさん遊んであげるようにしています。

妻も平日は家事と子育てにかかりっきりですので、休ませてあげたいですしね。最近では息子の成長ぶりを実感しています。「歯が生えてきた!」とか、休日ごとに発見の連続なので楽しいですよ。

社会人になったいまも走り続けています!
Onuma
Inoue
Sato
Kameya