先輩インタビュー  窓口業務を通じて地域の営みを直接に肌で感じ取ることができた

現在の主な仕事について

窓口での預金業務を担当しています。ご来店されたお客さまの預金の入出金、口座の新設、税金のお支払い、お振込みといった業務はもちろんのこと、諸届けにも対応しています。例えば、名義が変わった際の変更手続き、通帳やキャッシュカードの紛失再発行手続きなど、担当業務はとても幅広いことが特徴です。また、当行の商品をご提案することも大切な仕事のひとつです。

例を挙げれば、口座を新たに開設されるお客さま。雑談を通じて『給与振込に使いたい』という開設理由を伺い「給与振込専用定期預金」をお勧めするなど、お客さまのニーズを汲み取り、最適なご提案を行うようにしています。他にも、投資信託といった商品にも力を入れているのですが、投資に関する深い知識が必要なので、もっと勉強していかなければと思っています。

仕事のうえで心掛けていること

預金業務は第一印象が大切なので、身だしなみや表情、声のトーンから言葉使い、礼儀作法については常に気を使っています。お客さまにとって窓口は当行の顔なので、最高の笑顔と対応でお出迎えするよう心掛けています。また、当店舗はたくさんの方がご利用されますので、書類などの事務処理をミスなく迅速に行い、お客さまにお時間を取らせないよう心掛けています。それから、職場の業務が円滑に進むよう小さなことでも声掛けをするようにしています。手伝っていただいた時は「先ほどはありがとうございました」とお礼を言う。後輩が困っている時は「手伝おうか?」と聞いてみる。小さな声掛けの積み重ねが、職場を明るく潤していく秘訣です。

仕事のうえで心掛けていること

これからどのように成長していきたいか

入行当初は何もわからず、手取り足取り先輩や上司に教えていただきました。そのお陰でいまの自分がいます。今後は恩返しする意味も含めて、誰からも「佐藤さんに任せれば間違いない」と言われるくらいのスキルを身に付けたいと思っています。さらに、幅広い知識の習得。窓口にはあらゆる世代のお客さまがいらっしゃいます。そこで、すべての世代のお客さまに対して興味ある話題を提供できるよう、社会の動きや経済情勢、最近のトレンドに至るまで、幅広い知識や情報を身に付けていきたいですね。

これからどのように成長していきたいか

学生の皆さんへのメッセージ

就活を振り返ると、思い通りにならない自分と順調な他人を比べて暗い気持ちになっていたことを思い出します。いま就職して思うのは、就活は人と比較するものではないということ。それよりも、自分自身を見つめ直して「将来なりたい自分像」について考えを巡らすことに力を注くべきだと考えます。そのうえで、やりたい仕事を絞り込んでいく。それが就活なのだと思いますね。私も就活で悩んでいた時、当行の支店で笑顔で対応する窓口担当の方を一目見て「この方みたいに輝きたい!」と思い、選考に進むことを決意しました。ですから皆さんも、なりたい自分を見つけてください。そしてもしもご縁があれば、ぜひとも私たちと一緒に働きましょう!。

学生の皆さんへのメッセージ
タイムスケジュール

大好きなバスケチームに声援を送る休日です!

休日はスポーツ観戦を楽しんでいます。「モンテディオ山形」のホームゲームには必ず足を運んでいます。最近では、大好きなバスケットボールチームにも声援を送る休日です!2015年に結成された地元バスケットボールチーム

「パスラボ山形ワイヴァンズ」が、私のなかでいちばん熱いですね!近くの山形市総合スポーツセンターなどで試合があるので、友人と一緒に応援メガホン片手に声援を送ってリフレッシュしているんですよ。

大好きなバスケチームに声援を送る休日です!
Onuma
Inuoe
Sato
Kameya