先輩インタビュー 信用を預かる銀行員として地域に貢献できる銀行員として、広く頼られる存在になりたい。

現在の主な仕事について

個人向け融資に関する業務とその事務処理を担当しています。個人向け融資は代表的なものとして住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、ブライダルローン、フリーローンがあります。いずれもお客さまが思い描かれる夢を実現するための大切な資金。窓口に訪れたお客さまに対しては親身になってご相談に応じるよう心掛けています。その後は審査用書類を作成。保証会社の審査が承認されれば融資を実行します。

印象的なのは、マイカーローンご利用のお客さま。審査は通ったものの希望の愛車が決まらず、保証期限である3ヵ月を何度も越えて審査を繰り返されました。ようやく愛車が決まり融資を実行。ご購入後に車検証の写しを頂戴する際にお客さまの愛車を拝見させていただきました。あの時のお客さまの笑顔がいまも忘れられません。

この仕事ならでは、当行ならではと感じること

入行当初から同僚や先輩、上司に恵まれてきました。新人の頃は何度も失敗を繰り返していた私ですが、そのたびにフォローしてもらいました。鶴岡中央支店が最初の配属先だったのですが、そこで過ごした3年半は、いまの自分を形成するうえでとても大切な時間だったように思います。現在の職場である本店営業部は、行職員数30名の活気に満ちた環境なので、先輩や上司からの刺激や学びの機会がとても多いのが特徴です。そしてこちらも鶴岡中央支店と同様、人間味あふれるあたたかな職場です。きっとそれは、当行全体にしっかりと根付いている独自の文化なのだと私自身は考えています。

仕事のうえで心掛けていること

これからどのように成長していきたいか

これまで預金業務と個人向け融資の業務を経験してきました。最近ようやく銀行全体の仕事の流れが理解できるようになったと感じています。今後はさらに事務処理にも精通していきたいと考えています。事務処理に関しては、個人向け融資だけでなく法人融資も担当していますので、そのすべてを柔軟に対応できるようになりたいですね。特に、金融や融資に関する法律も年々改正されるので、その点にも留意しながら仕事を進めていきたいと思います。また、昨年から新人教育を担当しているんですよ。私自身が入行間もない頃、先輩や上司から根気強く指導していただいたように親身になって教えています。教えることが私自身の気づきにもつながるので、一緒に成長していくという気持ちで新人教育を行っていきたいですね。
これからどのように成長していきたいか

学生の皆さんへのメッセージ

学生時代の4年間は、かけがえのない貴重な時間だと思います。自由に何でも思い通りにできるので、後悔がないよう精一杯楽しんでください。勉強はもちろんですが、アルバイトや部活などで経験したことや熱中したことが社会に出て役立ちます。私は居酒屋でアルバイトをしていたのですが、その時に培った会話のスキルや接客経験が現在の銀行業務で活かされていると実感しています。部活は陸上部だったのですが、部活仲間とは卒業した後も一生を通して付き合いが続いていくと思うくらいの固い絆で結ばれています。皆さんもぜひ一生付き合える仲間づくりを大切にしてくださいね。

学生の皆さんへのメッセージ
タイムスケジュール

社会人になったいまも走り続けています!

休日はランニングを楽しんでいます。雪で走れない時期はスポーツジムに通って、ランニングマシンでトレーニングしているんですよ。また、山形県内で開催される市民マラソン大会に

も定期的に出場しています。

休みの日はとにかく走ることに専念していますね。最近はスノーボードにも挑戦。本店の仲間と一緒に楽しんでいます。

社会人になったいまも走り続けています!
Onuma
Inoue
Sato
Kameya